引っ越しをするならインターネットの環境が整ったところに

ファイル共有の新しい形

システム

複数の拠点間でファイルを共有するには、インターネット回線を介して利用できるクラウド型ファイルサーバが便利です。VPN環境でのファイル共有が手軽に実現できる上に、24時間の運用・監視や付加サービスも充実しています。クラウド型ファイルサーバはファイルや通信が暗号化され、セキュリティの点でも万全です。

もっと見る

データやり取りの活用

IT

今までのデータのやり取り

会社の改築や部署の異動により、自分の仕事場の引っ越しをする事が多い人もいるでしょう。そのような際には、使用するパソコンも変わってしまう場合があります。そのため、基本的には、仕事で必要なデータを、CD又はDVDやUSBハードディスク等の、形のある記録メディアに記録して、持ち歩く場合があります。ですが、いちいち持ち運ぶのは面倒です。しかしそれを、更に持ち歩きやすくする方法があります。それは、今や無線が常識化しているといっても過言ではない、インターネットのサービスを使う事です。既にインターネット上で仕事を共有化し、仕事の効率化を図っている企業は沢山ありますが、いまいち信用が無かったり、実際にどのようにして使われているかを知らないので、使い始めるまでに、中々踏み切れない方が多いのも、また事実です。

仕事場でのクラウド

クラウド、dropbox等色々なアプリケーションと呼び名がありますが、今までデータやメールでやり取りしていた物を、参加する全員がパソコンからインターネットを介し見られる会社の文書だと思って貰えれば、相違ありません。大きな利点としては、インターネット上にデータを残し、定期的にバックアップを行ってくれるサービスが多いので、仕事でパソコンを長年使っていると、どうしても起こりがちな、HDDエラーと呼ばれる、事実上のPCクラッシュにも対応できます。また、インターネット上にデータを保存しておく事で、例えばHDDケースを買い、以前使っていたクラッシュしたHDDを、新しいパソコンの引っ越して使う事もありません。インターネットに繋がる環境と、ID,パスワードがあれば、誰でもアクセスする事ができ、メール等のように不必要な文章が増えて、検索するのが大変になる事もありません。部署やパソコンの引っ越しがある方、或いは新年度に向けて大きな引っ越しがある方は、個人と会社向けにクラウドサービスを各一つずつ利用しておく事をおすすめします。

ネットに保存する

ネット

クラウドとは、インターネット上で提供されるサービスのことです。クラウドを利用するメリットとしては、インターネットにアクセスすることでどこからでも利用できるということです。またクラウドでは預けられたデータの定期的なバックアップが行われているためデータの保存性にも適しています。

もっと見る

大切なデータの保存

オフィス

多くの企業では重要データを保管していますがそれらを手違いで削除してしまった場合には、データ復元を行うことで簡単に復元させることができます。ですが、ソフトウェアや企業に依頼する時には情報漏洩に気をつける必要があります。

もっと見る