ネットに保存する|引っ越しをするならインターネットの環境が整ったところに

引っ越しをするならインターネットの環境が整ったところに

ネットに保存する

ネット

データの保存場所

データの保存場所としては、ローカルのコンピューターというのが昔は当たり前でしたが、現代ではネットワークシステムの普及によりサーバーと呼ばれるネット上にあるコンピューターに保存されるようになっています。さらにそのネットワークを回線によってつなげたインターネットに接続することで、インターネット回線にアクセスできる環境であれば、いつでもデータを保存し取り出せるといったことも増えています。このインターネット上で提供されるサービス群はクラウドサービスと呼ばれます。クラウドでは、さまざまなサービスが提供されていますが、データの保存場所を提供するものも存在します。それらではデータの一時的な保存場所の提供のほか、定期的なバックアップが行われるので、データロストのリスクを軽減することができます。

ネットに保存するメリット

クラウドを利用するメリットとして挙げられるのがバックアップの存在です。データを保存している装置としてはハードディスクが一般的で一部ではフラッシュメモリー化したものも増えていますが、これらの装置は電子的に情報を記録しているに過ぎません。このため何らかのトラブルでデータが失われるリスクが常に存在しており、定期的なバックアップが求められています。これはローカルのコンピューターでも同様ですが定期的なバックアップを行うには時間が掛かります。その点でクラウドであれば定期的なメンテナンス時にバックアップも行われるのでデータの保存性が高いといったメリットがあります。特にデータを保存するサービスを提供しているところではバックアップはもちろん災害に強い場所にデータセンターを作るといった工夫でデータのロストが起こらないように工夫されています。